2005年11月02日

プロ野球のピッチャーは大変だ!

来シーズンから、ピッチャーの2段モーションがボーク(反則投球)になるようです。
近代野球は、たくさんの得点が入る打撃戦が多くなり、ピッチャー受難の時代です。
これは、ピッチングマシーンの高性能化などでバッティング技術が向上したのに対し、(バット・ボールの質が良くなったこともあると思います)
ピッチャーは、走り込み・投げ込みのような、自分自身を鍛える練習がメインなので、致し方ないと思います。野手に比べピッチャーの選手寿命も短いですし、このままでは花形であるピッチャーのなり手が減るのでは?
2段モーションを厳しく判定するより、ハーフスイングを厳しく取るとか、ストライクゾーンを少し大きくするなどの方が先決のような気がします。


posted by とも at 23:50| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(2) | スポーツ・ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。