2005年11月15日

来年のスワローズは投手王国

古田PM2.jpgスワローズ、来年は投手王国になる予感がしています。
それは、投手1人1人の特徴を完全に把握している古田PMが、個人の能力を最大限に引き出す起用をするハズだから、です。
もともと、投手重視のドラフトを行ってきたので、素材は揃っていますし。
既に、高井・鎌田両投手のセットアッパー転向や、平本投手のアンダスロー変更というニュースも見かけました。(この3投手のポテンシャルはかなりのものだと思っています)
実際に球を受けている古田PMの発案であれば、かなりの確率で良い結果が出ると考えるのは、普通かと。
チーム防御率が3点台前半になれば、行けるでしょう!
あとは、石井弘が残ってくれれば・・・

posted by とも at 23:55| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ・ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。