2005年11月19日

今日の大学生・社会人ドラフト(スワローズ編)

古田PMと武内選手.jpgスワローズは希望通りの指名ができたようですね。
幾つかのサイトを見てみましたが、ほとんどのファンが「満足!」という感じのコメントでした。 ^^
希望選手枠の武内内野手(早大)は、勝負強く、大きいのも打てる一塁手で、体型からはちょっと想像し辛いですが(失礼)守備も脚力もまずまずらしい。またまた早大。数年後はクリーンアップを期待!
3巡目の松井投手(JR東日本)はハートで投げる即戦力。ハート系は大好きです。年齢も高めですから、1年目からバリバリ活躍して欲しい。
4巡目の高木投手(大体大)は、本格派右腕の即戦力でG・上原2世とのこと。(単に上原投手の後輩というだけではなく、リーグでは上原投手以来のノーヒットノーランを記録)
5巡目の飯原外野手(白鴎大)、俊足・強肩で身体能力が高いとのこと。大化けしておくれ〜。
しかし、いつも思うのですが、ドラフト候補生には【○○2世】とか【○○以来の怪物】とかの形容詞が付きますが、結果として、かな〜り大げさですよね。^^;
まぁ、選手のタイプが分かり易いので、良いのですが・・・
野球が上手くて上手くてしょうがない人達がライバルとして待ち構えていますが、これからの野球人生、悔いが残らないよう精一杯頑張って欲しいと思います。
そして数年後に「2005年のドラフトは成功だった」と、評価されると良いですね。

posted by とも at 00:53| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | スポーツ・ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。