2005年11月23日

城島捕手のマリナーズ入団について思うこと

城島健司.jpg3年契約で、推定総額最大1900万ドル(約22億6000万円)ですって・・・
まだ活躍もしていないのに、凄い額です。「城島選手の実績と、日本から渡った先人達の実績を考えると、この位でもペイ出来るだろう」って事でしょうから、日本人選手のレベルはほんと、高評価になりました。
マリナーズの補強ポイントとも合致しているので、良かったですね。
ピッチャーとのコミュニケーションはほとんど問題無いと思いますし(まだ時間もあることだし)、パワーヒッター系としてどの程度やれるのかも興味深いです。ゴジラも1年目は相当苦戦していましたから。
兎も角、これで来年の楽しみが1つ増えたことになりますが、こうもスター選手がこぞって行ってしまうことについて、昔ほど喜べなくなってきているのも事実です。
スター選手のメジャー流出も、結果的には日本プロ野球の発展にも繋がることだと、考えてはいるのですが。
posted by とも at 10:13| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ・ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。