2005年12月17日

フィギュアスケート・グランプリファイナル世界一決定戦2005

浅田真央選手.jpg今日、TVで【フィギュアスケート・グランプリファイナル世界一決定戦2005】を観ました。こんなにちゃんとフィギュアスケートを観たのは多分初めてです。とはいっても女子だけですけど・・・。^^;
始めは「噂の『ミキティ』でも観てみようか」という軽い気持で観始めたのですが、予想以上に面白く最後まで観てしまいましたわ。ファイナル6人の内、日本人選手が3人なんてほんと凄い。
まず1番手は『ミキティ』。自分が思っていたよりスポーツ感があったこともあり、手に汗握るモードへ突入。最後のスピンで手を着いたときは、自分も思わず「あっ!」とのけぞる。それでもまずまずの出来らしく、『ミキティスマイル』が見れました。
2番手は中野友加里選手。素人目に見てもかなり良い出来に見えました。採点方法も知らないのに「これはミキティより上やな。」などと知ったかぶるも、結果は『ミキティ』に次ぐ2位。観客からもブーイングが起きてました。この種のスポーツの採点は難しいですね。
3番手は浅田真央選手。なんと15才です。^^;
メイクのせいか、とても15には見えません。演技曲も「カルメン」ですもん。演技はとても躍動感があり、これまた素晴らしい。思わず拍手! 堂々1位です。
浅田真央選手は、若すぎて規約では五輪に出場できないそうですが、どうなるんでしょうか?
3人とも、明日も是非頑張ってほしいですね。
しかし、あんな勢いで回って良く大丈夫ですわ。自分ならフラフラで立っていられませんよ。




posted by とも at 01:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。