2006年03月13日

WBC 納得できないアメリカ戦

出ました〜、イチローの先頭打者ホームラン!
1次リーグはイマイチ調子が上がっていない感じでしたが、2次リーグはやってくれそうです。
そして先発・上原投手の立ち上がりを注目していましたが、エラー、内野安打で無死一・二塁のイヤ〜な感じのピンチを迎えるも、グリフィーJr.を三振、A・ロッドをゲッツーで切り抜け、その後はヒットを浴びながらも粘りのピッチングを展開し、5イニングをC・ジョーンズのソロHR1点のみで抑えます。ナイスピッチ!
1回(A・ロッド)・3回(ジーター)のダブルプレー、2回の小笠原選手、5回には岩村選手、ムネリンにもファインプレーが出て、2回のムネリンの2点タイムリーもあり、5回までは3対1でリードします。
しかし、6回から登板した清水投手が、マウンドのサークル内で指にツバを付ける??で注意を受け、直後にD・リー(あのレオン・リーの息子です)に同点2ランHRを浴びてしまいます。ちょっとペースを乱してしまったか。
とにかく乾燥しているらしく、滑るボールが更に滑るようで、王Japanの投手の抜けダマが目立ちます。ヒヤヒヤです。
その後は両チームとも得点出来ずに3対3のまま終盤を迎え、次の1点が大きく左右するというところで、8回に嫌な事件が起きます。1死満塁で岩村選手がレフトへ犠飛を打ち上げ1点リードしましたが、アメリカの抗議で『3塁ランナーの離塁が早い』ということになり判定が覆ったのです。クロスプレーでもないし、塁審も『問題ない』というポーズを取っていたし、VTRを見ても問題なし。
判定が覆るって、なんじゃいそれ! そこまでやりますかアメリカ! オイラは悲しいよ。
結果は、最後まで踏ん張りましたがサヨナラ負けでした・・・ う〜ん。
まだまだWBCは終わっていません。気持を切り替えて、さあ次!次!

にほんブログ村 スポーツブログへ

posted by とも at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(31) | スポーツ・ベースボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。