2006年02月20日

日本人記者の無神経な質問

フィギュアスケート女子代表・安藤美姫の会見で、アホな質問をする日本人記者がおったとさ。
待ちに待った憧れの舞台、『いよいよ競技が始まる』って時に、何様のつもり?
そして今日、あるスポーツ紙は1面で、泣き顔の写真を載せて報じています。
そして『頑張ってください!』的なコメントをしたりもする。
これも、『何とかの自由』ってやつなんでしょうが、理解できませんわ。
いったい、何をしにトリノに行っているんだろう?

にほんブログ村 スポーツブログへ

posted by とも at 16:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安藤美姫が泣いた質問と紳士協定
Excerpt: 安藤美姫 号泣騒動 2006年02月20日 掲載 (日刊ゲンダイ) http://gendai.net/?m=view&c=010&no=17454 >彼女が8歳で父親を事故で亡くしたこと..
Weblog: mutter mumble to oneself
Tracked: 2006-02-20 19:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。